FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「パペットマスター」その3
2011-08-28 Sun 23:41
転載SS「パペットマスター」第三回の投稿です。
そして、今回で最終回となります。
ついに憑神の本体と対峙した美影の運命や如何に?
それでは、始まりです。

---

「まさか・・・あれが憑神の本体?」
そう。美影が先程まで戦っていたのは、マリオネット憑神のダミー。
だからこそ、憑神を倒したはずなのに、人形になった人々は何時までも元に戻らず、糸田胡桃も生気を抜かれた後人形にされ、憑神に操られていた被害者の一人だったのだ。
「くっ。ウチとしたことが・・・。早く、早くどうにかせんと」
美影は糸を振り解こうとするが、手足は動かない。
段々と、自分の体が動かないことに焦りを覚える。
「動け・・・。動け・・・っ!」
自分の意志を無視し、両手は肩の辺りまで上がり、足ももう地面に着いていない。
「いやや。いや!、いやぁっ!」
美影の顔に浮かんでいる恐怖の色が、どんどん濃くなっていく。
その時、マリオネット憑神の本体から一本の糸が伸び、美影の後頭部に取り付く。
「あぐぅ!」
美影は突然の激痛に悲鳴を上げた後、体中の力が抜け、だらんと糸に宙吊りの状態になる。
「あ、あぁぁぁ・・・」
後頭部に取り付いた糸のせいで、意識はぼんやりとし、全身に力が入らず、声もまともに出なくなってしまった。
ぼんやりとしていく意識の中で、どうにかこの状況を打開しようと考えている時、突然子供の声が聞こえてくる。

---

「アハハハ!、ドウダッタ僕ノ演技?、凄カッタデショ!」
マリオネット憑神が、子供の人形を通して美影に話しかけてきた。
「オ姉チャンノコト気ニ入ッチャッタ。アノオ姉サンノ体モ、動カシテテ楽シカッタケド、モウ飽キテキチャッテタシ、今度カラハオ姉チャンノ体ヲ使ウネ!」
美影は必死に喉から言葉を搾り出した。
「い・・・や、や」
拒絶の言葉はとても弱々しく、マリオネット憑神をただ満足させるだけのものだった。
「アハッ!、ソンナニ怖ガラナイデヨ!、チャーント生気ヲ一滴残ラズ吸ッタ後ニ、トッテオキノ人形ニシテアゲルカラサ!」
マリオネット憑神の本体から次々と触手が生え、美影の体に吸い付いていく。
「っ!!!」
美影の顔は絶望に染まり、声にならない悲鳴を上げる。
「今度コソ、イッタダッキマース!」
マリオネット憑神の声が部屋中に響くと、美影の体に取り付いている触手がジュルジュルと音を立てて生気を吸い取っていく。
「あぁ・・・、ウチも終いなんやな・・・」
ついに、美影の意志もこの絶望的な状況から抜け出すことを諦めてしまった。
「猫乃。ほんまに堪忍な・・・」
大切な妹のことを思い浮かべなら、美影の意識は閉じていく。

---

しばらく経った後、ジュルジュルと音を立てていた触手の動きがピタリと止まり、美影の体から離れていく、そしてマリオネット憑神が満足そうに呟く。
「プハァッ~!、ゴ馳走様!、ヤッパリ、普通ノ人間ノ生気トハヒト味違ウネ。口当タリモ良イシ、味モ最高ダヨ!、アハハハ!」
意識が無く、虚ろな顔で宙吊りになっている美影の前で、マリオネット憑神はカタカタと笑う。
「オ腹モ一杯ニナッタシ、次ハ、オ楽シミノ着セ替エターイム!」
マリオネット憑神は手足をカチャカチャ揺らしながら、嬉しそうにその場を飛び跳ねる。
「コノママ人形ニ変エテモ良イケド、オ姉チャンノ苦シム顔ト悲鳴ヲ食後ノデザートニシヨット!」
そう言うと、美影の後頭部に取り付いていた針が、マリオネット憑神の本体へと戻っていく。
「うっ・・・」
全身を支配していた針が外れ、美影はぼんやりとだが意識を取り戻しかける。
「ウチは・・・死んだんか?」
美影の意識はぼんやりとしたまま、ぽつりと呟く。
「アハ!、オ姉チャン、起キテ起キテ!」
マリオネット憑神は、美影の目を覚まそうと、糸で美影の手足を無理矢理動かす。
「あがぁっ!?」
関節を無視した動きが原因で、美影の体中に激しい痛みが走り、美影は叫び声を上げる。
「オッハヨー!、ヨク眠レタカナ?」
「ひっ!」
激しい痛みで意識を取り戻した美影は、目の前にいるマリオネット憑神の姿を見て、小さな悲鳴を上げる。
「アハハ!、オ姉チャンノ生気。トッテモ美味シカッタヨ!、ゴ馳走様デシタ~!」
「あ、あんた・・・。ウチをどうするつもりなんや・・・?」
美影はマリオネット憑神に弱々しく質問する。
「オ姉チャンヲ、僕ノ新シイ体ニスルンダヨ!サッキモ言ッタヨー」
「じゃあ、ウチの意識なんて戻さんと、早く人形に変えれば・・・」
「実ハ僕、デザートモ食ベタクナッタンダ!」
「デザート・・・?」
「ウン!、オ姉チャンノ苦シム顔ト、悲鳴ッテ言ウデザートダヨ!」
「なっ・・・!」
マリオネット憑神の言葉に、美影は驚いた後ガクッとうな垂れ呟く。
「ほんまに悪趣味やな・・・」
「アハハハ!、今カラ、オ姉チャンノ体ヲ僕ノ人形ニ変エテ上ゲルカラ、タップリ楽シンデネ!」
マリオネット憑神の本体から、何本もの糸が美影の体に取り付く。
「ジャア、始シメルヨ~」
マリオネット憑神がそう言い終わると、美影の指と足の先の感覚が無くなっていく。

---

「あぁ・・・」
美影は急に感覚の無くなっていく指や足の先を見ると、パキパキと乾いた音を立てて指や足の先が木製に変化していく。
その変化はどんどん全身に広がっていく。
「嫌や!、来んなぁーーー!」
美影は叫び声を上げるが、その頃には両腕と両足の感覚は無くなり木製のものに変化し、肘や膝の部分は人形の関節部のように変化している。
「オ姉チャン。ソノ調子、ソノ調子!」
マリオネット憑神は、美影の変化していく様を楽しそうに見ている。
そして、美影の体の部分にまで変化が達する。
パキパキと音を立てて、美影の胴体と腰も木製のものに変化していく。
「嫌!、嫌!、ひっ・・・、あぁぁぁっ!」
美影は泣きながらぶんぶんと首を左右に振っていたが、首にも変化が始まり、顔を動かすこともできなくなる。
動かせない顔の前には、マリオネット憑神が静かに立っている。
「止めてぇぇぇーーー!、あぁァ、ァ・・・ァ・・・」
美影が絶叫すると、ついに美影の顔も木製の人形のように変化した。
カチャンと音がした後、その場には糸に宙吊りになっている人間大の人形が出来上がる。
美影の意識は無くなり、完全な人形になってしまったのだ。

---

「コレデヨシ。完成ーッ!」
マリオネット憑神の前に、巫女装束を来た人形が立っている。
彼女はこの場所で、人々を助ける為にマリオネット憑神と戦ったが、罠に嵌ってしまいマリオネット憑神のオモチャとなってしまった・・・。
「ジャア、オ姉チャンノ体ハ貰ウネ!」
子供の人形がガシャンと地面に落ちた後、カタカタと動き出した巫女装束の人形は呟く。
「ウチノ名前ハ鈴華美影。アハハ!、アハハハハハ!」

【BADEND】

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

別窓 | 鈴華さんちの不可思議な日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<デモニアンズリポートFile2 | 月犬のひとりごと | 「パペットマスター」その2>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| 月犬のひとりごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。