FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
守護戦士エンジェリオン!番外編「蜘蛛女の新人研修」後編
2011-09-18 Sun 01:00
後編の投稿になります。
戦闘員化も大好物なので、また機会が有れば、ケイコさんの見事なまでの戦闘員っぷりを披露させたり、戦闘員をメインにしたSSを書いてみたいなぁと思っています。
が、他にも書きたいネタだけはどんどん溜まっていく現状。
気長にお待ちください_(:3 」∠)_
では、後編をどうぞ。

---

「何よこれぇ。こんなの聞いてないよぉ~。悪戯にしては手が込んでるし」
生駒ケイコも他の参加者と同じく繭に包み込まれ、身動きを取ろうともがいていた。
「まさか・・・。私達、このままあの化物に一人ずつ食べられるんじゃ・・・」
もがいてももがいても身動きが取れず、彼女はどんどん恐怖に飲まれていく。
「そんなの嫌だよ!、誰か助けてー!」
その時、彼女を包んでいる繭が突然赤く光り始めた。
「え・・・」
赤い光を見た彼女の意識は、ぼんやりとしたものになっていく。
「デモニアンは、人間を支配する存在・・・」
彼女の目から光りが消え、突然ぶつぶつと呟き始めた。
彼女の思考は赤い光りの洗脳効果で、デモニアンのものに塗り変えられていく。
悪魔王こそ絶対の神と崇拝し、悪魔王の為なら自分の身も厭わずどんなことでもするという、デモニアンの考えに塗り変えられていく。
「悪魔王様こそ世界を支配するお方・・・。私達を導いてくださる・・・。私は・・・悪魔王様の為なら、私の、全てを捧げます・・・」
ぶつぶつと呟き続けていると、彼女の着ていた衣類がいつの間にか消え、全裸の姿になる。
そして顔には、悪魔を模したメイクが施される。
「さぁ、お前達。目覚めなさい」
彼女の頭の中にスパイダーデモンの声が響くと、繭がひび割れていく。

---

「さぁ、お前達。目覚めなさい」
スパイダーデモンがそう言うと、繭がひび割れ、中にいた女性達が全裸の状態で次々と出てくる。
出てきた女性達の目は虚ろで、顔には悪魔を模したメイクが施されていた。
「喜びなさい。お前達は、デモニアンの為に働く戦闘員として生まれ変わったのよ。そして、これがその証」
全身を黒いスーツで身を包んだ女性達が、全裸の女性達に黒いスーツと黒いマスクを手渡していく。
全裸の女性達は、手渡された黒いスーツに足を通し、それぞれの体に添わせて首まで引き上げていく。
スーツを着終わった者は、最後の仕上げに黒いマスクを自分の顔に被せた。
着替えが終わり、マスクを被った女性達の姿は、全身を黒いスーツに身を包んだ女性達と瓜二つの姿になる。
元は生駒ケイコだった戦闘員が口を開く。
「私達は、悪魔王様に忠誠を誓った、忠実な下僕です。スパイダーデモン様、ご命令を」
「ふふふ。上出来よ。これでお前達の新人研修は終わりよ。お前達は、人間だった頃の生活をそのまま続けなさい。悪魔王様からの指令が有れば、直接お前達の頭の中に指令が来るわ。それまでは、デモニアンの為にこの会社で働くのよ」
「承知致しました。全ては、悪魔王様の為に!」
戦闘員達は右腕を一斉に上へ高々と挙げ、敬礼のポーズを取った後、それぞれの元の姿に戻り、部屋を出て行った。
それをスパイダーデモンは、糸綾ソフィアの姿で送り出す。

---

生駒ケイコは、新人研修が終わった後、真っ直ぐ自宅へ帰宅した。
「ただいまー!」
「おかえりなさいケイコ。新人研修はどうだった?」
「やっぱり大変だったよ~。でも、これからあの会社で働けると思うと幸せ!」
「そう。もうすぐ晩ご飯ができるから、早く着替えてらっしゃい」
「は~い」
自分の部屋に戻った彼女は、着ている服を脱ぎ去り戦闘員の姿に戻ると、鏡の前でうっとりとした表情で呟いた。
「悪魔王様の為に働けるなんて、本当に幸せ・・・。あぁっ!、悪魔王様・・・、早く私めにご指令を・・・」
「ケイコー。早く降りてらっしゃ~い!」
「ちっ!」
至福の時を母親の呼び掛けに邪魔され、忌々しく舌打ちをする。
「はいはーい。今行くよ~!」
彼女は部屋着姿になり、返事をしながら自分の部屋を出て行く。
---

「今回の新人研修もご苦労様。スパイダーデモン」
「はっ!、ゾーラ様にお褒め頂き光栄です」
「ふふ。悪魔王様もお前の手腕には関心してるのよ」
「ほ、本当ですか!?」
ゾーラの言葉に、スパイダーデモンは歓喜の声を上げる。
「ええ、本当よ。その証拠に、お前には新しい指令を出すわ」
「このスパイダーデモン。悪魔王様の為ならどんなことでも致します!」
「良い返事よ。次の指令はね・・・」

守護戦士エンジェリオン!第一話「戦慄!怪人蜘蛛女の罠!!」へ続く。

スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 守護戦士エンジェリオン | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 月犬のひとりごと | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。